人身事故の場合

~ 人身事故を起こした場合 ~

①ケガ人の確認

運転手の救護義務として、ケガ人がいる場合、救急車の手配など人命救助を優先します。被害者のケガが軽い場合は、安全な所へ移動し、重傷の時はできる限り体や頭を動かさないようにして救急車の手配をし、到着を待ちます。この時、可能なら被害者の氏名や住所を確認しておきます。
また、被害者が軽傷の場合でも、病院まで付き添い、診察を受けてもらいます。

②安全確認

危険防止措置義務として、二次被害が起こるのを避けるよう努めましょう。交通の妨げにならないように事故車両をすみやかに安全な場所に移動したり、後続車に事故発生を知らせる措置をとります。
事故を起こした自動車については、事故の状況を確認する上で必要になってきますから、特に危険性がなければ警察が来るまで、移動させずにおきます。

③警察に連絡

事故報告義務として、人身事故や物損事故について最寄の警察へ連絡し警察官等に直ちに報告しましょう。軽度な事故でも必ず警察に届けます。届け出がないと事故証明がもらえません。事故の事情聴取を受け、その際に事故現場の住所を教えてもらいます。

④相手の身元確認

相手の免許証を見せてもらい、住所・氏名・電話番号・相手車両の登録ナンバー等を確認します。相手方に保険会社がある場合は、保険会社・証券番号・契約者名を確認してください。

⑤目撃者と事故状況を確認

もし目撃者がいるようであれば証人となってもらえるように、氏名や連絡先を教えてもらい、警察に証言をしてもらいましょう。これは、被害者と加害者双方の言い違いによるトラブルを避ける為にも重要になります。事故現場や事故車両等の写真を撮っておくことも役に立ちます。事故当時の双方のスピード、停止位置、信号、標識の状況などを確認しておきます。
また、人身事故において被害者が救急車で搬送された場合は、搬送された病院を教えてもらいます。

⑥現場で示談交渉は行わない

自分が悪いと思えても、その場で治療費など賠償の約束はしないようにします。後日保険会社の担当と一緒に訪問などして、その時に今後の治療費などを話し合いましょう。

⑦保険会社に連絡する

自動車保険(任意、自賠責保険)を使う場合、保険会社に報告が必要です。加入している保険会社の事故受付窓口もしくは損害保険代理店に事故の連絡をします。正当な理由がなく報告しなかった場合は、保険金の支払いを拒否される場合があります。24時間対応している保険会社もありますので、忘れずに連絡を入れておきます。

⑧車両の移動を手配する

自動車の修理が必要な場合は、事故車を最寄りの自動車修理工場へ搬送してください。レッカー車の手配が必要な場合は、JAFや修理工場などにレッカーの手配を依頼します。自動車保険契約の内容によっては、レッカー及び代車費用やレンタカーのサービスの特約契約やクレジットカードの特典が付いてる場合もあります。

交通事故で悩まれている方は「交通事故被害者相談ガイド(http://koutsujiko-mondai.com/)」も併せてご覧ください。

今すぐ中古車販売店を探す

おすすめの中古車販売をPICK UP!!

おすすめの中古車販売を「中古車売買専門店.com」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 Q&A QRコード